| CALENDAR | LINK | PROFILE | QRコード |

:: 大四畳半大酒場 ドクター長谷川 ブログ ::


6月ですね。6月なんですよ6月。
先月5月の黄金月間は私と相方健二のW誕生日やポン伝説の重鎮で現代現存の肉食恐竜ハルさんの誕生日。そして三男『ポンサラッサ』の周年と、立て続けに皆様の脳内と財布内を脅かし続けた我がポングループでした。本当にありがとうございました! 

そして先日、6月16日の長男『ポン』の満12歳の誕生日も、沢山のヒマを持て余してる仲間達で闇鍋状態のお祭りパーティー、本当にありがとうございました。この場を借りて感謝感激ヒデキ還暦です。
木屋町での居酒屋の12歳は人間で言えば約40歳。いよいよ私の年齢にポンが追いついてくれましたね。

12年前、6月14日をもって閉店したレジェンド『酒道場』の後を受け継ぎ、約1日という充分過ぎる準備期間で内装工事をし、私と健二と故山田仁とで少しの不安と少しの絶望を感じながら開店した事が、今や12年前の様です。。
毎年ながら、あんまり宣伝もせず、フライヤーも作らない周年ながら、本当に沢山集まってもらい、特別かつ日常な幸せを感じる事が出来ました。
これもひとえに私のルックスの賜物です。お母さん、男前に産んでくれてありがとう!

何かを続けるという事は、誰しも非常に困難です。好きな物事でさえ、至近距離であればある程、嫌いになるリスクを抱える事になる。刺激的な生活でさえ、続けりゃ日常だ。逃げ出したくなる日もある。
でも、そんな自分には、叱咤の卍固めでなんだバカヤロー(談:アントニオ猪木=×、大島渚=○)と叫んでいます。生きてて、話せる人が居て、今日明日のメシには困らない状況は、震災後の今だからこそ、リアルに感謝できるし、日常ってエエやん!て思える。みんな頑張ろうね!

頑張れなくなった時は、家族や仲間に頼ればいいし、近くの人は、ポンに来て、あびる程お酒飲んで、アホな店員とアホなお客さんを見て、アホらしくなって下さい。そこがポンの価値ですから。

これからもポングループを宜しくお願いしますね。


追伸:そしてそして、マイペースでライヴ活動をしている私ですが、今月も演ります。明後日です。6月25日(土)京都club METRO にて『あらかじめ決められた恋人たちへ』の”ボクノ京都ヲ壊シテ”への参戦が決まりました。今回は『米田共人』という新ユニットでのスペシャルライヴです。どうゆうライヴにするかは、まだ未定です。当夜も、多分未定です。1秒前に感じた音を排他的に表現します。『米田共人』です。縦に書くと『糞人』となります。そんなライヴをします。色で言えば茶色なライヴです。ここ2週間、仲間の結婚式に連続で出席し、ピンク色のライヴで情愛を表現してきた私です。ので明後日はディープなカオスブラウニーなライヴになると思いますんで、興味ある方は、宜しくお願いします。詳しくは近日ホームページにてwww.doctor-kyoto.jpもしくはMETROホームページwww.metro.ne.jp
まで。
|17:11| ポン新聞 | comments(0) | - | posted by ドクター長谷川 - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.